実際の仕事を想定した研修内容にする

仕事で起きることを先に学ぶ

研修内容を実際の仕事に合わせた内容にすることは大事です。実際に仕事で起きることを先に知っておくと、対処しやすいからです。特に仕事で使えるテクニックなどを、研修で学ぶことは重要になります。それがわかっていればスムーズに仕事をこなすことができるでしょう。また、仕事で起きることを先に学ぶことで、最初につまずかなくてすみます。これであれば、本来の力を始めから発揮できるのです。仕事に慣れるまで時間がかかると、その時間が無駄になります。研修でその時間を短縮させられるのであれば、できるだけ短くした方がいいでしょう。仕事を全力で行うための助走期間と考えれば、研修は仕事で役に立つものばかりにすることが重要です。

仕事で失敗しがちなポイントを教えることが重要

研修内容で取り入れるといいのが失敗例です。仕事によってはその仕事ならではの失敗談が多く存在します。他の分野では考えられない失敗は教えられないと、はまってしまうでしょう。そうならないような先に研修で失敗しがちなポイントを教えておくのです。失敗すると分かっていれば乗り越えることは難しくありません。また、失敗するポイントを教えるときには実例があると、分かりやすいです。このような失敗があったので、注意するようにと促す方が理解できるでしょう。ただし、特殊な失敗例は取り上げる必要がありません。面白いからといって、そのような失敗例を研修に取り入れることがありますが、受講者の役に立たないのであれば教える必要はないのです。

接客業において、接客の研修は必要であり、おもてなしの心遣いなどを学べるというメリットがあります。しかしその反面、研修中は仕事ができないので、業務に支障が出てしまうというデメリットも存在します。