外部から優秀な講師を招待する

社会的に広く知られている講師を選定しよう

人材育成研修の効果を高めるには、研修の内容に応じて外部から優秀な講師を招待することがおすすめです。中でも、ビジネスや経済、環境保護など様々な分野で社会的に広く知られている講師を選定することで、意義のある研修を行うことが可能です。最近では、民間企業の社員研修に適した講師の派遣を行っている専門の業者も増えている状況です。そこで、外部の講師と直接交渉をすることが難しい場合には、評判の良い業者に仲介を依頼するのも良いでしょう。なお、講師によって得意とする研修のテーマや指導の方法などに大きな違いがあるため、余裕を持って過去に担当した社員研修の事例を確認して、安心して任せられる講師と契約を結ぶことが大事です。

外部の講師を手配する際に掛かるコストを調べよう

外部の講師に人材育成研修を依頼するにあたって、研修期間中に発生するコストについてしっかりと調べることが重要です。特に、情報番組やビジネス誌などで話題の講師を手配する際には、トータルで百万円以上のコストが掛かることもあるため、早めに人気がある講師の研修費用の相場を把握しましょう。また、新人研修や中堅社員研修、管理職研修など研修の対象となる社員の立場や役職によって、講師の依頼費用に大きな差が出ることもあります。そのため、可能な限り研修費用を抑えたい場合には、日ごろから人事部の研修担当者や各部署の管理職が意見を出し合って、研修期間やカリキュラム、外部の講師の必要性について検討を重ねることが大切です。

接客マナーの研修は、言葉使いや細かいマナーなどを実践を交えてシュミレーションしながら行う場合が多いです。